top of page
  • スキットサービスクルー

千葉県 市川市 K様 断捨離による不用品回収のご依頼でした。


スキットサービスクルーな東條です。

今回は収納スペースの上手な使い方のアドバイスです。

収納スペースは、人に例えると「胃袋」です。

胃袋が大きいと、人は太りやすくなりますよね。人よりたくさん食べられる余裕があるわけですから、人並みの食事量では満足しません。普通に食べても、「まだ食べられる」とどんどん食べようとするのです。きっと、胃袋が満たされるまで食べ続けるでしょう。

収納スペースも同じです。収納スペースが大きければ大きいほど、ある程度収納しても「まだ収納できる」「まだ空きがある」と考え、新しい物を買ってはそこに放り込みます。きっと、収納スペースがいっぱいになるまで、物を整理しようとは思わないでしょう。

収納が多いと、不用品をため込む体質を作ってしまうのです。

収納は少なくて良い

収納は少なくて良いのです。極端に収納がないのは不便ですが、必要以上にあると不用品が増えます。ちょっと足りない、くらいがちょうど良いのです。

収納が少なければすぐにスペースが埋まるわけですから、収納の中をこまめに整理しようと意識します。

たとえば、新しい洋服を買うとき。

収納が少なければ「もう収納できないから、使っていない洋服を処分しよう」と考えますよね。古い洋服は捨てるなり、メルカリに出品するなりして、整理するはず。

でも収納が多ければ、新しい洋服を買う際「まだ収納できるから、着ていない洋服はいつか使うかもしれないし、保管しておこう」と思うことでしょう。収納スペースが不用品でいっぱいになるまで買い物を繰り返すかもしれませんね。で、気が付けば収納スペースの大半が着ていない洋服で埋まっている、なんてことに。

だからこそ、収納はちょっと足りないくらいがちょうど良いのです。

収納は捨てることの方が大事

収納で大事なのは、「収納スペースの確保」ではなく、「捨てることの重要さを考える」こと。

収納スペースをたくさん作っても、不用品を増やす余裕を作るだけ。やたらと収納を増やすのはやめて、ずっと使っていない物は捨てる、新しい物を買ったら古い物は捨てるなど、まずは物を増やさないことを考えましょう。

家の中の不用品が減れば、収納スペースなんてそれほど必要ないことに気が付くでしょう。その方が、物の管理がしやすくなり、ずっと快適に暮らせます。

まとめ

収納は、ちょっと足りないくらいがちょうど良いのです。

収納スペースが多いと、物が増えても「まだ収納できる」と考えてしまい、不用品を捨てる機会が奪われます。

逆に収納がちょっと足りなければ、要らない物を処分しようと意識するはずです。ムダに収納を増やそうとするのはやめて、捨てることの重要さをまず考えましょう。


最新記事

すべて表示

「特殊清掃って何?」 「どんなときに特殊清掃が必要なの?」 特殊清掃という言葉はだんだん広まってきましたが、いつどんなときに特殊清掃が必要なのかわからないという人も多いでしょう。 特殊清掃について知れば、あなたの身の回りで何か合ったときすぐに対応できるかもしれません。

1.特殊清掃とは? 特殊清掃とは、通常の清掃で汚れを落とすのが難しい部屋を掃除することです。 以下のような部屋は、特殊清掃が必要になります。 血液や体液などによる汚れが床や壁に付着していたり、害虫が発生していたりする部屋は通常の清掃で綺麗にするのが難しくなります。 そのため、特殊清掃は専門業者が依頼を受けて清掃するケースがほとんどです。 2.特殊清掃を依頼するのにかかる費用 特殊清掃を依頼する際に

遺品整理について

最初に確認!遺品整理をする前の注意点 遺品整理をする際には、最初にある2つの点を必ずチェックしておきましょう。 この2点のチェックを怠ると、遺産の一部を失ってしまったり、借金を背負ってしまう危険すらあるかもしれません。 ここでは、遺品整理をする前の2つの注意点について説明していきます。 遺品整理のする前の注意点①預金通帳や土地の権利書などの遺産を見つけておく 遺品整理をする際には、事前に故人宅から

Comments


bottom of page